起業のメリットと失敗してしまう理由について

サラリーマンで得られない収入や満員電車に乗らなくて良い生活など起業には大きなメリットがあります。誰にも気を使わずに自分らしく生きているので面倒な人間関係のしがらみからも解放されます。

 

やった分だけ自分の成果に繋がり刺激のある魅力的な世界を満喫する事が出来ます。しかし起業はハイリスクで多く人が希望を求めて起業しても成功をするのは一握りというのは事実です。

 

起業生存率は、つまり起業の成功率と言えます。企業が生き残る数を表している数字で10年企業が生き残る確率は6%ととても低いです。起業をするだけでは、簡単ですが成功を収めて安定した収入で長く継続させることはとても難しいです。

 

事務所を構える上での資産を使いすぎや重要である事業企画書がテキトーに作ってしまったり店舗を増やすなどのリスクを犯してしまうなど起業をしても失敗してしまうこともありす。また、イベント制作などの販促やプロモーションがうまくいかないこともあります。起業をする上で自分の丈にあった範囲でビジネスを展開する事がなにより大事です。